固定資産税・都市計画税の清算金を知る

固定資産税の清算金

マイホーム代金以外に支払う諸費用のひとつ、固定資産税・都市計画税の清算金についてお話しします。

固定資産税

 

固定資産税・都市計画税清算金とは、

固定資産税・都市計画税という税金は、1月1日にその不動産を所有している人に課税されるものです。
納税通知書(納付書)は大体毎年5月くらいに手元に届きます。

清算金とは、固定資産税・都市計画税を1月1日から引渡日の前日までを売る人が負担し、引渡日から12月31日までをマイホームを買う人が負担します。(分担するといったほうがわかりやすいかも)

払う

誰に・いつ払う?

マイホームの引き渡しの時期に(所有権移転の時)にマイホームを買う人(買主)から売った人(売主)へ支払います。あくまで納税義務者はマイホームを売った人(売主)となります。

カッコ内は不動産専門用語

 

来年からは、あなたが納税者になります。

マイホームを買った翌年からは、固定資産税・都市計画税の税金を支払う人は”あなた”になります。市区町村からくる納付書は、税金を4回に分けて払うか、一括で払うかを選択することができます。

まとめ

固定資産税・都市計画税は、マイホームを所有している人(売主)が支払う

所有権が移った日から12月31日までの日数分をマイホームを買う人が負担する

固定資産税・都市計画税清算金は、マイホームを買う人が売る人に対して支払う