不動産屋はどうやって物件情報を入手するのか?

物件の仕入れ

インターネットで『マイホーム探し』をしていると

インターネットで
『マイホーム』を探していると、

インターネットで探す

同じ物件が、数社の不動産会社から
掲載されていることに気がつくと思います。

いったいどの情報を信用したらいいのかわからないっ!

どの会社に問い合わせをすればいいの?

同じ物件なのに、値段が違うんだけど???

 

これって、
何でだかわかりますか?

数社の不動産会社から掲載されるワケ

一見すると、わかりづらい不動産業界。
不動産屋さんが、どうやって消費者であるあなたに
物件を入手して、紹介しているのか?

わかりやすく、図で説明します。
まずは、下の図をご覧ください。

レインズ

 

家を売りたい人は、家の売却を不動産会社に依頼します。
売却を依頼された不動産会社は、

『不動産情報ネットワークシステム(レインズ)』へ登録します。

各不動産会社は登録された不動産情報をネットを通じて見ます。
広告掲載が取れた物件を自社のホームページや、
不動産ポータルサイトに掲載して、
新規のお客様を獲得するのです。

レインズ

 

 

大きい、小さいに関係なく、物件の情報量は同じ

テレビCMで聞いたことがある不動産会社も、
駅前の不動産屋さんでも、

不動産情報ネットワークシステム(レインズ)があるから、
情報量に差がないのです。

大小

何を買うか?誰から買うのか?が大事な時代

『マイホーム探し』をしていると、
ついつい、物件ありきになりがちです。

誰から買うのか?

物件の情報量は同じなのですから、
何を買うのか?も大事ですが、

誰から買うのか?がとても大事になります。

あなたは、『誰から』買いますか?

まとめ

  • 不動産会社は、不動産情報ネットワークシステム(レインズ)をもとにネット掲載している
  • どの不動産会社も不動産(物件)の情報量は同じ
  • 何を買うのか?よりも『誰から買うのか?』が大事