地名から地盤を予想する(マイホームの選び方)

地名

名は体を表す。

マイホームを選ぶとき、住みたい地名(エリア)

探す人も多いのではないでしょうか?

最近は異常気象により、
ゲリラ豪雨、台風などの自然災害が
発生しています。

各自治体もハザードマップというものを作成し、

『このエリアは大雨が降ると水害の危険がありますよ!』

と教えてくれます!

各自治体のハザードマップはこちら

東京都 http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/jigyo/river/chusho_seibi/index/menu03.html

千葉県 http://keihatsu.bousai.pref.chiba.lg.jp/hazadmap/

埼玉県 https://www.pref.saitama.lg.jp/a1007/kouzuihm/index.html

神奈川県 http://www.pref.kanagawa.jp/docs/f4i/cnt/f3747/p1039469.html

 

また、簡単に調べる方法として、
地名に、谷や沼、川・田を連想させるものが入っているかを確認する。

例えば、渋谷は”谷”が入っています。

渋谷は地形が高低差があり、ゲリラ豪雨でアンダーパスが
雨で浸水して自動車が通れないなど被害がありました。

地名というのは、過去にどんな土地だったかを表したものが多いです。
そこから、推測する方法もありますが、あくまで地名です。

現在は問題なく住める場合もありますので、参考程度にしてください。

しっかり調べるには、ハザードマップ。
次に検討しているマイホームの近隣住民に聞くいたりすることも必要ですね!