フランチャイズの不動産会社

フランチャイズとは

「本部」が「加盟店」に対して自社商品の販売権、営業手法やブランドの使用権などを認め、統一ブランドのもとに営業を展開、そのようにして加盟店が得た利益の一部を本部が対価として受け取る、といったビジネスモデル。コンビニエンスストアをはじめ、レストランなどの飲食店、小売店、サービス業でも多く導入されている。

有名なフランチャイズは、
セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンなどのコンビニ。
マクドナルド、ケンタッキーフライドチキンもフランチャイズです。

不動産業界もフランチャイズに加盟している不動産会社がいます。

センチュリー21、ピタットハウス(直営店もあります)
アパマン、ホームメイト、ミニミニ、エイブル、マスト、ERA不動産、ハウスドゥ・・・。

大手の不動産会社だと思ったら、
中身は個人の不動産屋だったということはよくあることです。

フランチャイズに加盟するには、多くの場合加盟料として、200万円から300万円を支払います。その対価として、看板・ロゴなどの使用許可、販売ノウハウ、商品などの提供、販促ツール、経営のアドバイスを受けることができます。

加盟料の他に、毎月の月会費、WEBコンテンツ使用料、売り上げの数%を上納するシステムなどがあります。

テレビCMなどのコマーシャルメディアでよく見かける看板がかかっていれば、
お客様も大手の不動産会社だと勘違いして来店しちゃいますよね?

いくら大手の不動産会社の看板を
掲げているフランチャイズ加盟店でも
東証一部上々の不動産会社でも
社員が制服をビシッと着こなしてても、
親身になって相談に乗ってくれるかは、

その店、その店、営業マンで違うのです。

マイホームは高い買い物だから、
大手の不動産会社から買おう。と思っているあなた・・・

マイホーム購入を失敗する可能性が高いですよ。

私の会社では、
失敗しないマイホーム選びをアドバイスするために、

希望条件のヒアリングなど、お客様とのコミュニケーションを大切にしています。