不動産売却一括査定サイトの落とし穴

不動産売却査定サイト

不動産売却査定の落とし穴

お家を売却するとき、

インターネットで「自宅 売却」などと検索すると

不動産一括査定サイトがヒットします。

不動産一括査定サイトはポータルサイトと呼ばれ、

サイトを通して数社の不動産会社に査定依頼ができるという便利なものですが、

便利な反面、知らないと怖い「落とし穴」もあります。

まず、ご理解いただきたいのは、サイトに散開している不動産会社はタダではなく、

査定依頼1件毎に10,000円~15,000円くらいをポータルサイト側へ支払います。

広告費がかかっているので不動産会社も必死です。

電話やDM、メールで営業がたくさん来ます。

次に、不動産一括査定サイトは、

一度に数社の不動産会社に査定依頼を出せるということを査定する側の不動産会社も理解しているので、

なるべく『高く』査定金額を提示して、媒介契約(ご自宅を売ることの契約)を取付けようとします。

不動産会社が高く査定金額を提示し、売却活動しても相場よりも高いので「売れない」ということになります。

そうすると、不動産会社はちょっと価格を下げてみましょうか?という提案があり、それでも売れなければ、

もっと値段を下げて販売活動をして結局「高く売れなかった」だけでなく、「売れる」まで時間がかかったり、

内見立会いや室内の掃除で労力だけかかってしまう・・・といったこともあります。

もちろん。売れればいいのですが、中には「売れ残る」こともしばしば・・・。

不動産の売却にはタイミングとスピードも大切なのです。