私道の負担(重要事項説明書の内容)

私道の負担とは・・・

 

私道とは、一般私人が所有している道路。(法人、個人は問いません)

国、市区町村の所有でない道路は、『私道』となります。

では、自分が買おうと思っているお家の目の前にある道路が
私道であるか?調べる方法は、

1 不動産会社の営業マンに聞く

2 国、市区町村に聞く

3 法務局で調べる

以上、3つの方法が考えられます。
私であれば1〜3全て調べるのがオススメですが、
これを見ている方であれば、1の不動産会社の営業マンに聞くだけでO.Kです。

 

次に私道の負担とは?

ついてお話しします。
私道の負担とは、私道の負担の有・無は
私道がご自身の土地として提供している場合は『有』
全く第三者の土地が私道として利用されている場合は『無』

 

私道の負担金とは、将来私道を補修など維持メンテナス費用として
徴収するかどうか訊いています。

ほとんどの物件では、『無』ですが、私道が第三者所有地となっている場合、
将来、所有者が相続や売買などによって変わることがあります。
その場合、今まで無償で利用できたものが、負担金を請求されることもあるかも・・・。

 

セットバックとは

4m未満の道路の場合、
道路中心線から2mバックしたラインを道路としてみなす。
ということです。つまり自分の土地の一部を道路として提供することが
建築する条件となります。

 

このように、普段利用している道路であっても、
公道と比べると私道では大きく利用するのに制限や負担金がかかる場合があります。

 

ご注意くださいね!!