低層住居専用地域(重要事項説明書の内容)

街並みを作るうえで大切なことは

『ルール』です。

 

誰もが、適当に自分が建てたいものを建てたらどうなってしまうでしょうか?

 

そうです。

無秩序な街が出来上がってしまいます。

そこで、

『用途地域』というものを定めて、ルールを持って建築するようになっています。

『用途地域』の中で、

第1種低層住居専用地域、第2種低層住居専用地域というものがあります。

 

これは、字のごとく『低層』、『住居専用』の建物だけ建ててくださいね!

というものです。

でも、小学校・幼稚園・神社・お寺などの建築もできます。

第1種低層住居専用地域と第2種低層住居専用地域では、

第1種低層住居専用地域の方が規制が厳しくなります。

 

次回もお楽しみに!