床面積(建物の表示・重要事項説明書の内容)

床面積

今回は

みなさんがイメージしやすい、

床面積」についてお話しします・

面積ですから、お家の大きさを示しています。

 

建物登記事項証明書だけでなく、

建物図面・建築確認通知書と併せて床面積を

チェックすることをオススメします。

 

以前、登記事項証明書の床面積だけで売買した結果、

増築部分が未登記だったという見落としがありました。

現地を見ても増築部分があるようには見えなかったのですが、

土地家屋調査士さんが現地を確認して判明しました。

 

ここでの教訓を生かして、

・登記事項証明書

・建物図面

・建築確認通知書(間取り図)

この3つ書類をチェックするようにしました。

3つの書類の床面積に誤差があるようでしたら、

土地家屋調査士さんに現地確認してもらうようにしてます。

みなさんも床面積は、

登記事項証明書

建物図面

建築確認通知書の合計3つの書類のチェックを忘れずに!!

重要事項説明書ではこの部分に書かれています。

▽下図参照

重要事項説明書

▽建物登記事項ではこの部分に書かれています。

建物登記事項証明書